2009年09月09日

おむすびの美味しい握り方のコツ

近江米

さて、いよいよ新米も入荷され、本格的なが到来しますね晴れ

新米を焚く時は、洗い方と水の量はくれぐれも注意しましょうー(長音記号2)

古米よりもよく洗い、水も多少、少なめにすれば美味しく召し上がれますぴかぴか(新しい)


私は新米で食べるおむすびが大好きでするんるん

シンプルにお米の美味しさを味わうには

一番おススメの食べ方ではないでしょうかグッド(上向き矢印)


そこで今回は、美味しいおむすびを握るコツをご紹介しますいい気分(温泉)


近江米の焼むすび茶漬け


そもそも、おむすびは、

形はしっかりまとまっているけれど、米粒ひと粒ひと粒を見ると、

ふっくらしていて、全く潰れていない、


と言う状態に握れたらベストですねダッシュ(走り出すさま)


こう言うおむすびは、ひと口かじるごとに、お米の甘味を心ゆくまで味わえます猫


こう言うと、なんだか握るのが難しそうですが、


実は意外に簡単なんです手(チョキ)


秘訣は、熱々のご飯を握らないことふらふら


つまり、少し冷めたご飯で握れば良いのですねー(長音記号2)


焚きたてのご飯は表面にまだ余分な水分が残っている為、

そのまま握ると米粒がベチャッとしてしまいますもうやだ〜(悲しい顔)


お米本来の粘り気がなくなってしまうんですねバッド(下向き矢印)


ですから、おむすびを握るときは、

ご飯が焚きあがったら、即座に炊飯器のフタを開け、

しゃもじで底からさっくり混ぜ、ふきんをかけて少し冷ましますクリア

人肌よりも少し熱いくらいの温度が握り頃ですねわーい(嬉しい顔)
拍手する

posted by たっちん at 11:57 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 料理のコツと裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うち毎朝おにぎり(≧∀≦)


冬はトーストもたまに


でも冬以外は毎朝おにぎり(≧∀≦)日本に生まれて良かったよ(笑)
Posted by くみ at 2009年09月13日 11:40
ホント、そうですね。

日本と言う国は恵まれていて、

私たち日本人は幸せですね。


感謝感謝の毎日です♪
Posted by たっちん at 2009年09月13日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。